マカフィー(加藤孝博社長)は9月21日、ウイルスやワームをはじめ、スパイウェアやフィッシング詐欺などの攻撃も対処できるセキュリティ対策統合ソフト「マカフィー 2007」を9月30日に発売すると発表した。

 「マカフィー2007」は「ウイルス対策」「スパイウェア対策」などのプロテクションメニューからニーズに合わせて選べるスイート製品。ウイルスやトロイの木馬、スパイウェアなど従来の脅威に加え、ルートキットなどの新たな脅威にも対応した新技術や改良技術を搭載した。

 新機能として「マカフィー・サイトアドバイザ」を搭載。ウェブサイトに潜むアドウェア、スパムメール、オンライン詐欺に対し、わかりやすい安全性評価を行い、個人ユーザーに安全なインターネット環境を提供する。

 ユーザーインターフェイスを一新。「マカフィー・セキュリティセンター」では、アイコンでセキュリティの状態を示すことで、警告や情報をすぐに把握できると同時に設定やツールにすばやくアクセスできるようにした。セキュリティのカテゴリも、ソフト別ではなく、ユーザーがわかりやすいように分類した。

 ラインアップは「マカフィー・ウイルススキャンプラス2007」、「マカフィー・インターネットセキュリティスイート2007」、「マカフィー・トータルプロテクション2007」とダウンロード専用の「マカフィー・PCプロテクションプラス」、「マカフィー・ワイヤレスプロテクション2007」の5製品。

 パッケージ版の価格は「ウイルススキャンプラス2007」の通常版が5754円、優待版が4725円、「インターネットセキュリティスイート2007」の通常版が8904円、優待版が7329円、「トータルプロテクション2007」の通常版が9980円、優待版が8400円。このほか、それぞれで3ユーザー版も用意した。

 ダウンロード版の価格は「ウイルススキャンプラス」の1年版が4095円、3ユーザー/1年版が6180円、「PCプロテクションプラス」の1年版が4620円、3ユーザー/1年版が6480円、「インターネットセキュリティスイート」の1年版が5775円、3ユーザー/1年版が7500円、「トータルプロテクション」の1年版が6980円、3ユーザー/1年版が8600円、「ワイヤレスプロテクション」の3ユーザー/1年版が2980円。それぞれで2年版、3年版も販売する。