シマンテック(木村裕之社長)は9月21日、ウイルス対策ソフト「ノートン・アンチウイルス2007」と統合型セキュリティソフト「ノートン・インターネットセキュリティ2007」のダウンロード販売を開始したと発表した。パッケージ版は9月30日に発売する。

 「ノートン・アンチウイルス2007」は「ワーム」「ウイルス」の種別に属する脅威をまとめて検知し、新種の「ワーム」「ウイルス」が出現、拡散する前に先行して予防する機能を搭載しているのが特徴。

 ルートキットを利用して、セキュリティソフトの監視から隠れようとする新型ウイルスをはじめ、アプリケーション、ユーザーモード、カーネルの各レベルなどでのウィルスの検出と駆除ができる。スキャン機能も強化し、高リスクのスパイウェアをインストール前に検出・削除も可能。

 「ノートン・インターネットセキュリティ2007」では「ノートン・アンチウイルス2007」の全機能を搭載すると同時に、「検出」「遮断」「駆除・削除」のツール機能を強化した。また、最新のオンライン攻撃から個人ユーザーを保護するトランザクションセキュリティ技術も盛り込んだ。

 また、フィッシング対策機能を新たに装備。すでにあるフィッシングサイトのリストと高度なヒューリスティック技術とを組み合わせることで、ユーザーがフィッシングサイトにアクセスすることを防止する。

 ファイアウォール機能も強化した。正しいアプリケーションは通過させるが、スパイウェア、ウイルス、ワーム、クライムウェア、ハッカーなどの侵入を防ぐ環境設定を自動的に行うため、ユーザーはセキュリティについて複雑な判断をする必要がなくなる。

 価格は「ノートン・アンチウイルス 2007」のダウンロード版が4935円。パッケージ版が6195円、3ユーザーパッケージ版は1万1340円、5ユーザースモールオフィスパックが1万7325円、10ユーザースモールオフィスパックが3万2130円、

 「ノートン・インターネットセキュリティ 2007」のダウンロード版は6300円。パッケージ版が8190円、3ユーザーパッケージ版は1万4490円、5ユーザースモールオフィスパックが2万8350円、10ユーザースモールオフィスパックが5万3025円、対応OSはともにWindows XPで、次期Windows OS「Windows Vista(ビスタ)」対応版への無償アップデートが可能。