KDDIは9月20日、高い防水性能と耐衝撃性に長時間バッテリーを備えた法人向けの第三世代携帯電話「E03CA」を12月に発売すると発表した。

 「E03CA」は今年の6月、auの夏モデルとして発売したCDMA 1X WIN対応の「G'zOne W42CA」と同時に開発したカシオ製の端末。水深1mの水槽に約30分間沈めておいても問題なく動作する「IPX7」相当の耐水性能と耐衝撃性を備えた。

 一定の時間が経過すると自動的にロックがかかる「再ロック」や、紛失時に固定電話などからの遠隔操作でロックをかけられる「遠隔オートロック」、管理者のPCからの遠隔操作によってデータを削減する「遠隔データ消去」、携帯電話のアドレス帳やEメールなどの利用制限が可能な「利用者制限機能」などのセキュリティ機能を搭載した。

 そのほか、ヘッドセットを使ったハンズフリー通話など、ビジネスに応じて機能拡張ができるBluetooth機能、PCサイトビューアーやPCドキュメントビューアー、赤外線通信機能、有効画素数207万画素のオートフォーカス対応カメラも装備した。

 最大20人までのグループで音声通話やテキスト、静止画の送受信ができる法人向けサービス「Business Messenger」も利用できる。「Business Messenger」は連絡を取りたい相手をアプリケーション上のアドレス帳から呼び出し、業務連絡や業務上の指示を一斉同報で送ることが可能。来年1月から6月まで試験提供を実施し、来年7月から本サービスを開始する。試験期間中の利用料金は無料。

 カラーはブラックのみ。折りたたみ時のサイズは幅53×高さ117×厚さ33mm、重さは約166g。メインディスプレイに2.4インチのカラーTFT液晶、サブディスプレイに1.0インチのモノクロ液晶を装備する。データフォルダ容量は約62MBで、外部メモリはmicroSDカードに対応する。1200mAhの大容量バッテリーを標準搭載し、約380時間の連続待ち受けと、約300分の連続通話が可能。