ヤフー(井上雅博代表取締役)は9月20日、ジャパンネット銀行(藤森秀一社長)と提携し、新しいインターネット決済サービス「Yahoo!ネットバンキング」を公開した。携帯電話から利用できるモバイル版「Yahoo!ネットバンキング」も、10月上旬からサービスを開始する予定。

 ヤフー(井上雅博代表取締役)は9月20日、ジャパンネット銀行(藤森秀一社長)と提携し、新しいインターネット決済サービス「Yahoo!ネットバンキング」を公開した。携帯電話から利用できるモバイル版「Yahoo!ネットバンキング」も、10月上旬からサービスを開始する予定。


 「Yahoo!ネットバンキング」は、「Yahoo!JAPAN ID」とジャパンネット銀行の口座を連動させ、「Yahoo! JAPAN」を、より安心して便利に利用できる決済・金融サービス。まずは「Yahoo!オークション」を利用するユーザー向けに、11月1日から「オークション出納帳」サービスを提供する。

 「オークション出納帳」では、1回の取引ごとに割り当てられるジャパンネット銀行の「ワンタイム口座」と「ワンタイムパスワード」を利用し、出品者の普通預金口座番号を落札者に知らせずに代金の受け取りができる。代金の請求・支払方法とオークションの取引管理も可能で、またオークションの支払時に、「Yahoo!ポイント」1ポイントを1円として利用できる。

 サービスの利用には、ジャパンネット銀行の普通預金口座を開設した後、Yahoo! JAPANのサイト上で「Yahoo!ネットバンキング」のサービス利用手続きを行う必要がある。ヤフーでは、サービス提供に先立ち、10月末まで「ジャパンネット銀行口座開設キャンペーン」を実施。ユーザーに対して事前の口座開設を促す。

 なお、06年9月21日に開催するジャパンネット銀行臨時株主総会で、ヤフーから井上雅博代表取締役を含む3名がジャパンネット銀行の非常勤の役員に就任する予定。