キヤノンは9月15日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot G」シリーズ1機種と、「IXY DIGITAL」シリーズの3機種の計4機種を10月上旬から順次発売すると発表した。

 キヤノンは9月15日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot G」シリーズ1機種と、「IXY DIGITAL」シリーズの3機種の計4機種を10月上旬から順次発売すると発表した。

 ラインアップは、1000万画素のCCD搭載の「PowerShot G7」、「IXY DIGITAL」シリーズの最上位モデル「IXY DIGITAL 1000」、ワイドズームモデル「IXY DIGITAL 900 IS」、4色展開の「IXY DIGITAL L4」の4モデルで、価格はすべてオープン。

 全機種とも、新世代の映像エンジン「DIGIC III」を搭載することで、大幅な性能向上を図った。「DIGIC III」は、高速・高画質処理性能で好評の「DIGIC II」の基本性能をさらに進化させるとともに、「フェイスキャッチテクノロジー」と「ノイズリダクションテクノロジー」という2つの新技術を盛り込んだ。これにより、カメラ任せで高速・高精度に被写体の顔へピントと露出を合わせる「顔優先AF/AE」と、手ブレや被写体ブレを抑えるISO1600までの高感度撮影を実現した。

 「PowerShot G7」は、1000万画素1/1.8インチCCDや、Gシリーズ初のレンズシフト式手ブレ補正機構(IS)付きの光学6倍ズームレンズを搭載。また、高精細・広視野角の2.5型液晶モニターや素早い設定変更が可能なISOダイヤルとコントローラーホイールを採用した。沈胴式ズームレンズなどにより、ボディのフラット化と小型化を図り、クラシックカメラを思わせるデザインへと一新した。外部ストロボなど豊富なシステムアクセサリーにも対応。

 「IXY DIGITAL 1000」は、「700」の後継機種で、光学3倍ズームレンズを継承しながら、新たに「G7」と同じ1000万画素1/1.8インチCCDと「DIGIC III」を搭載した。本体外装には、軽い・強い・錆びにくく汚れに強いといった特性を持つ純チタン素材を採用。約23万画素の広視野角2.5型液晶モニターや操作部に採用されたタッチホイールなど使い勝手の向上を図った。

 「IXY DIGITAL 900 IS」は、レンズシフト式手ブレ補正機構を搭載した、シリーズ初のワイドズームモデル。小型ISユニットの採用や超高屈折率ガラスモールド非球面レンズ「UAレンズ」の使用したことで、35mmフィルム換算で28-105mm相当のワイドズーム化を図りながら、薄型化を実現した。710万画素1/2.5インチCCD、高精細・広視野角の2.5型液晶モニターを搭載。

 「IXY DIGITAL L4」は、「L3」の後継機種で、「UAレンズ」を使用した光学2.4倍ズームレンズを継承しながら500万画素から710万画素にCCDの高画素化を図った。また、「トワイライトセピア」「オリーブグレー」「プレシャスローズ」「ウルトラマリン」の新しい4色のボディカラーと、輝く鏡面パーツを組み合わせたデザインを採用。カメラを置くだけで、充電・画像転送・プリント・テレビ観賞が行えるカメラステーションや再生専用ワイヤレスコントローラーを付属する。

 記録媒体はいずれもSDメモリカード。上位規格SDHCメモリカードにも対応する。実勢価格は「PowerShot G7」が6万円前後、「IXY DIGITAL 1000」が5万3000円前後、「IXY DIGITAL 900 IS」が5万円前後、「IXY DIGITAL L4」が3万5000円前後の見込み。発売日は、「IXY DIGITAL 1000」と「IXY DIGITAL 900 IS」が10月上旬から、「PowerShot G7」と「IXY DIGITAL L4」が10月下旬から。