NECビューテクノロジー(NECビュー、雄川孝志社長)は、最大500型の大画面投映が可能な、ホールやイベント会場向けDLPプロジェクター3機種を11月下旬から発売する。価格はすべてオープン。

 3機種とも、オン/オフの振り角が12度のDLPチップを3枚を搭載した3チップのDLP方式を採用。さらに、新規光学エンジンと2.0kWランプを採用し、高輝度・高画質・高コントラスト比を実現した。

 「HL16000HD」は2K(2048×1080ドット)パネルを採用し、1920×1080ドットのリアル解像度表示が可能。1台で2画面投写もできる。一方、「HL16000Dsx+」と「HL10000Dsx+」はSXGA+(1400×1050ドット)のリアル表示に対応する。明るさは「HL16000HD」が1万4000ルーメン、「HL16000Dsx+」が1万3000ルーメン、「HL10000Dsx+」が9500ルーメン。コントラスト比は、「HL16000HD」と「HL16000Dsx+」が1400:1、「HL10000Dsx+」は1800:1。

 入力から出力までRGB各色フル10ビット映像処理を行い、暗部から明部まで階調性の高い画質が得られる。NECの3次元Y/C分離内蔵10ビットビデオデコーダLSIや、コントラスト感を向上させる独自技術「SweetVision」、ハイビジョン映像をより鮮明に再現する「ハイビジョンIP変換機能」も搭載する。このほか、「シームレススイッチ機能」「幾何学歪み補正機能」や「エッジブレンディング機能」など、使用シーンに対応できるデジタル処理技術を盛り込んだ。

 また、DLPチップの表面部分に防塵シールドを施し、メンテナンスフリーを実現した。長く使っても、DLPチップ表面にゴミや埃の付着がなく、基本性能を維持できる。RS-232C、USBに加え、無線LAN、有線LAN(RJ-45)など多彩なインターフェイスを装備し、プロジェクターの操作や状態の管理などのオペレーションをPCから行える。「HL16000HD」と「HL16000Dsx+」は、レンタルでの使用や様々な場所でのステージングに便利なフレームも装備している。

 実勢価格は、「HL16000HD」が1000万円前後、「HL16000Dsx+」と「HL10000Dsx+」はともに750万円前後の見込み。レンズは別売りで、短焦点タイプから長焦点タイプまで「HL16000HD」は8種類、「HL16000Dsx+」と「HL10000Dsx+」は共通で5種類のオプションレンズを用意する。スクリーンサイズは、使用するオプションレンズによって異なるが80型-500型まで。