日立製作所は9月14日、デジタルハイビジョンチューナー内蔵の1TB(テラバイト=1000GB)モデルをはじめとする、HDD-DVDレコーダー「Wooo(ウー)」新モデル3機種を発表した。新しいデザインコンセプトを採用し、ボタン数を削減したリモコンを付属するなどの特徴をもつ。発売は10月上旬。


 価格はすべてオープンで、ラインアップと価格は、HDD容量が1TBの「DV-DH1000S」が実勢価格20万円前後、500GBの「DV-DH500S」15万円前後、250GBの「DV-DH250S」12万円前後の見込み。

 地上・BS・110度CSデジタルチューナーを各2基、アナログチューナーを1基内蔵しており、デジタル放送の2番組同時録画、デジタル放送とアナログ放送の同時録画が可能。「DV-DH1000S」はHDDに地上デジタル放送のハイビジョン画質で約128時間、「DV-DH500S」は64時間、「DV-DH250S」は31時間の録画ができる。

 いずれも本体前面を斜めにカットし、上面に緩やかなカーブを描くデザインコンセプト「Cutting edge Design」を採り入れた。「DV-DH1000S」ではUV塗装を施した光沢感のある「ピアノブラック」の本体。「DV-DH500S」はシャンパンシルバー、「DV-DH250S」はミレニアムシルバーで、デザインと合わせ、インテリアに調和し先進性が感じられるスタイルを目指した。

 付属のリモコン「らくリモ」は「録画」「見る」といった使用頻度の高いボタンを大型化しながら、ボタンの数を従来の3分の1に削減した。「録画」では、ボタンを押すだけで電子番組表が表示され予約録画ができるほか、「見る」ボタンでは録画済みの番組を名前やジャンル自動整理して表示する。このほか、従来型のリモコンも付属する。