米マイクロソフトは現地時間9月11日、「Live Search」と「Live.com(日本名称:Live.jp)」の正式版を、世界47市場で同時に提供開始すると発表した。この「Live Search」により、同社が運営するポータルサイト「MSN」のWeb検索サービス環境も強化される。また、「Live Local」の正式版をイギリスとアメリカで開始する。

 ユーザーは、「Live.jp」を自分の検索ホームページにすることで、ニュース、画像、ビデオ、ブログなど目的のコンテンツを探し、カスタマイズし、トラッキングすることができるようになる。一方、「Live Local」では、モバイル機能を強化したほか、今まで以上に充実したユーザーインターフェイスとカスタマイズツールを利用することができる。

 なお今回、正式版の提供を発表した各種サービスは、ベータ版の提供で得たユーザーからの意見を反映し、ユーザー環境全体の質を高めたという。日本における各種サービスのベータ版は、「Windows Live Ideas」で確認できる。