パイオニアは、同社の最高級スピーカーシステム「EXシリーズ」で、限定モデル「S-1EX-LTD」を200台限定で10月下旬に発売する。トールボーイ型の3ウェイスピーカーシステムで、価格は1台63万円。

 パイオニアは、同社の最高級スピーカーシステム「EXシリーズ」で、限定モデル「S-1EX-LTD」を200台限定で10月下旬に発売する。トールボーイ型の3ウェイスピーカーシステムで、価格は1台63万円。

 「S-1EX-LTD」は、05年に発売した高級スピーカーシステム「EXシリーズ」の最上位モデル「S-1EX」のスピーカーボックスに、白木の突き板を採用し、塗装と研磨を繰り返した光沢塗装を施すことで高い質感に仕上げた。

 同社のスピーカー作り70年の歴史から生まれた「TAD(Technical Audio Devices)」技術を投入し、ユニット設計や精度、素材、チューニングまで、最高級スピーカーにふさわしい機能と品質を実現した。

 高音域を再生するためのスピーカー「ツィーター」には振動板材料に軽量で高剛性のあるベリリウムを使用し、高域再生周波数を100kHzまで高めた。ミッドレンジユニットには、実用金属中、最も軽く、内部損失が大きいという特徴があるマグネシウム振動板を採用。広帯域に渡り位相や指向性をコントロールする技術「CST(Coherent Source Transducer)ドライバー」を利用することで、滑らかで原音に忠実な再生ができるようにした。

 また、磁気回路にはフェライトマグネットの約10倍ものエネルギーを持つネオジウムマグネットを採用。鉄材には、スチールのブロックから削りだした流線型ヨークを使用し、磁気回路内の磁気の流れを最適化すると同時に、振動板裏側のエアフローを確保し不要な反射を排除した。

 ウーファーには、アラミド織布とカーボン不織布を3層にラミネートした振動板を搭載。独自のセンターキャップとコーンを一体化した1ピースのシェル形状振動板にすることで軽量化と高い剛性を確保した。

 さらに、リスナーを中心とする半径3mの球面に沿って各スピーカーユニットを配置する精密な曲面形状をスピーカーボックスの前面に採用することで、すべてのスピーカーユニットからリスナーの耳に音が届くまでの時間を同一にするタイムアラインメント(時間的調整)を実現。音のズレから生じるわずかな濁りやにじみを抑えた。

 加えて、スピーカーボックス全体を8度傾斜させることで、中心に重心が置けるようになり、高精度なタイムアラインメントを可能とし、スピーカーの安定性も向上させた。

 本体サイズは幅422×高さ1283×奥行き609mm、重さは66kg。スピーカー本体を支える台座は、厚さ60mmのMDF(中質繊維板)に亜鉛ダイキャスト製の脚で固定し、安定した設置ができる。