ソニーは、取り込んだ写真をハイビジョンテレビに映し出せる据え置き型HDDフォトストレージ「HDPS-L1」を10月27日に発売する。価格はオープン。実勢価格は3万5000円前後の見込み。

 本体にマルチカードスロットを装備し、コピーボタンを押すだけで、パソコンを使わずメモリカードから写真を直接取り込めるデジタルカメラ用の外付けHDD。さらに、付属のコンポーネントビデオコードで、ハイビジョン対応テレビや通常のテレビに接続し、内蔵HDD内の写真をテレビに表示することができる。

 HDD容量は80GB。1020万画素のデジタルカメラで撮影したファインモードのJPEG画像なら1万8400枚、RAWデータでも5000枚の保存が可能。また、BGMが付いた8種類のスライドショー機能を搭載し、音楽を聞きながら画像再生が楽しめる。BGMは、好きな曲をパソコン経由で取り込むこともできる。

 対応するメモリーカードは、「メモリースティック」「メモリースティック デュオ」「メモリースティック PRO」「メモリースティック PRO デュオ」「SDメモリカード」「マルチメディアカード」「xD?ピクチャーカード」「コンパクトフラッシュ」「マイクロドライブ」など。読み込みのほか、データを対応メモリーカードに書き出すこともできる。本体サイズは幅215×高さ35×奥行き255mm、重さは約1.8kg。外部接続端子には音声入力×1、映像・音声出力×1、コンポーネント映像出力×1、USB×1を装備。リモコンも付属する。