ソニック・ソルーションズ(照井公基代表取締役)は9月12日、CD・DVDライティングソフト「Easy Media Creator」シリーズの最新版「Easy Media Creator 9」を10月6日に発売すると発表した。

 最新版は、2層式DVD±Rのほか、ブルーレイディスク(BD)への書き込みにも対応したのが特徴。ポータブルタイプのデジタル機器への対応も強化。iPod、携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」、携帯電話などで再生可能なファイル形式に動画を変換・転送できる。また、レーザーでディスクラベルに直接印刷する「LightScribe/Labelflash」にも対応した。

 CD、DVD、BDのコピー機能も充実させた。2層式のDVDビデオを1層に圧縮してコピーが可能なほか、「MPEG」「DivX」「WMV」など、さまざまな形式の動画ファイルを1枚のディスクに記録したコンピレーションDVDを作成することもできる。

 インターネットと連動した楽曲管理機能も搭載。音楽データベース「CDDB」からの楽曲情報の取得、デジタルミュージック認識技術「MusicID」を使った楽曲検索、自動プレイリストの作成が行える。対応OSはWindows XP、2000 Professional。

 価格は通常版が1万2500円、アップグレード版が9800円、「ロキシオショップ」からのダウンロード販売価格は8820円。全国の家電量販店、PCショップ、同社直販サイト「ロキシオショップ」などで販売する。