ソニーは9月12日、HDD-DVDレコーダー「スゴ録」シリーズで地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基内蔵した新製品3モデルを11月1日に発売すると発表した。

 ソニーは9月12日、HDD-DVDレコーダー「スゴ録」シリーズで地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基内蔵した新製品3モデルを11月1日に発売すると発表した。

 ラインアップは、HDD容量が400GBの「RDZ-D900A」「RDZ-D800」、250GBの「RDZ-D700」。「RDZ-D900A」「RDZ-D800」はHDDに地上デジタル放送のハイビジョン画質で約48時間、「RDZ-D700」は約29時間の録画が可能。

 価格はすべてオープン。実勢価格は「RDZ-D900A」が15万円前後、「RDZ-D800」が13万円前後、「RDZ-D700」は11万円前後の見込み。


 3機種ともにデジタル放送の2番組同時録画や、デジタル放送とアナログ放送の2番組同時録画もできる。HDD上に2番組を録画できるだけでなく、HDDとDVDで1番組ずつ録画することもできる。

 複数のキーワードやジャンルなどで番組を瞬時に検索する「瞬間番組検索」機能を搭載。あらすじや出演者といった番組の詳細情報も検索するため、探したい番組をすばやく見つけ出せる。放送時間ではなく番組名で予約録画する「番組名予約」機能も新たに追加した。

 「RDZ-D900A」は「MPEG4-AVC」方式で映像記録することもできる。このため、レコーダーに録画した番組を携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」に転送して視聴がすることもできる。また、PSPに保存したコピーワンス(1回だけ録画可能な番組)をオリジナル画質のままレコーダーに戻せる。

 そのほか、デジタルカメラの静止画データにBGMをつけて、ビデオクリップのようなハイビジョンフォト作品を自動作成することもできる。作品をDVDにダビングすることも可能。写真を取り込む際に、撮影頻度や撮影日時の情報から、イベントごとに自動的に振り分けて取り込む機能も備え、写真をイベントごとにまとめて整理することができる。