東芝とメモリーテックは9月11日、次世代DVDの「HD DVD」とDVDを再生できる片面3層の再生専用ディスクを開発したと発表した。

 開発したのは、1枚のディスク内に2層のHD DVD(容量30GB)と1層のDVD(容量4.7GB)の層が形成された3層構造のツインフォーマットディスク。光ヘッドに遠い方からHD DVD層、DVD層となっており、同技術を用い、HD DVDを1層(15GB)、DVDを2層(8.5GB)としたディスクを形成することもできる。

 今回、開発した3層ツインフォーマットディスクのDVD層は、現行のDVD規格に適合しており、市販のDVDプレーヤーでそのまま再生することが可能。生産は従来の2層構造のHD DVDの製造ラインに若干の装置と工程を加えるだけでできるため、設備投資も少なくて済むという。

 東芝とメモリーテックでは1層のHD DVD(15GB)と1層のDVD(4.7GB)を1枚のディスクに記録できる2層構造のディスクを共同開発し、4月からディスクを供給してきた。しかし、容量が少ないため、長時間の映画などを高画質で収録できず、ソフトメーカーなどから、より大容量のディスクが求められていた。

 両社は、開発した3層ツインフォーマットの規格を標準化団体「DVDフォーラム」に提案。同時にディスクの安定した量産方法についても開発を進めていく。