イー・モバイル(千本倖生会長兼CEO)は9月11日、第3世代移動通信サービスのローミングサービスについて、NTTドコモ(中村維夫社長)と基本合意したと発表した。今後詳細な条件を確定し、正式に決定する予定。

 イー・モバイルがNTTドコモからローミングを受ける地域は、東名阪などを除く31県。イー・モバイルはこれにより、08年3月の音声サービス開始当初から、日本全国でサービスを提供できる。ローミングを受ける期限は10年10月までで、それまでにイー・モバイルは自社での全国ネットワーク建設を進め、完成した地域から順次自前のネットワークへ切り替える。