ケンウッド(河原春郎社長)は9月11日、HDDタイプの携帯オーディオプレーヤー「Media Keg(メディアケグ)」シリーズに、リアルな高音質再生が可能なフラッグシップモデル「HD30GB9」を追加し、9月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

 ケンウッド(河原春郎社長)は9月11日、HDDタイプの携帯オーディオプレーヤー「Media Keg(メディアケグ)」シリーズに、リアルな高音質再生が可能なフラッグシップモデル「HD30GB9」を追加し、9月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

 「Media Keg」シリーズの従来モデル同様、同社の最高音質責任者の「音質マイスター」が音質面を全面的にプロデュース。新開発の音質向上技術などを採用し、高音質再生を実現した。HDD容量は30GBで、カラーはピュアブラック。

 アンプ部には、新開発の「クリアデジタルアンプEX」を搭載。従来は1チップ構成だったプリアンプ段とパワーアンプ段をそれぞれ独立させることで、エネルギー感のあるクリアな高音質再生ができるようにした。また、従来の「Supreme」の帯域補間(14-22kHz)を大幅に上回る44.1kHzまでの帯域補間を実現した音質向上技術「Supreme EX」を新たに開発。圧縮音楽をはじめ、非圧縮のWAVや同社独自の可逆圧縮方式「Kenwood Lossless」形式の音楽データでも、原音に限りなく近い、リアルな高音質で再生できる。

 このほか、振動解析技術に基づいた「fホール・グランド・シャーシ」や、ほかのパーツへの干渉を排除する「チップインダクター」など、各種高音質パーツを採用。付属ヘッドホンも、ユニット形状の見直し、音質向上を図った。

 また、USBケーブルを接続するだけで、HDDに保存した音楽ライブラリを、ほかのオーディオ製品やカーオーディオなどでも手軽に再生できるマスストレージ再生に新たに対応。ディスプレイは2.2インチのQVGAカラー液晶で、パソコンから転送した静止画の表示にも対応する。

 再生可能な音楽ファイルは、MP3、WMA、WAV、Kenwood Lossless。本体サイズは、幅61×高さ104×奥行き17mm、重さは140g。充電はUSB経由の場合で約5時間、連続再生時間は約20時間。対応OSはWindows XP、2000。直販サイトでは、ピュアホワイトの限定モデルも10月下旬から販売する予定。