ラトックシステムは、WindowsとMacOSの両OSをサポートした、ポートマルチプライヤ対応eSATA PCIボード「REX-PCI15PM」とeSATA CardBus PCカード「REX-CB15PM」を同社通販サイト「RATOC Direct」で発売した。9月下旬から出荷開始する。直販価格は「REX-PCI15PM」が1万1025円、「REX-CB15PM」が1万4175円。

 ラトックシステムは、WindowsとMacOSの両OSをサポートした、ポートマルチプライヤ対応eSATA PCIボード「REX-PCI15PM」とeSATA CardBus PCカード「REX-CB15PM」を同社通販サイト「RATOC Direct」で発売した。9月下旬から出荷開始する。直販価格は「REX-PCI15PM」が1万1025円、「REX-CB15PM」が1万4175円。

 eSATA接続のHDDなどを使用できるようにするインターフェイスボード/カード。「REX-PCI15PM」は外部eSATAを1ポート、内部SATAを3ポート、「REX-CB15PM」は、eSATA(外付けSATA)を2ポート装備する。SATA転送速度は理論値で最大1.5Gbps。

 どちらも、1ポートで複数デバイスが使えるポートマルチプライヤに対応するほか、PCを起動したままデバイスの取り外し、接続ができるホットプラグに対応。Mac環境では、ゴミ箱にドラッグするだけで安全にデバイスを取り外しできる。対応OSはWindowsXP x64/XP/2000とMacOS X 10.4.x以降。PCIボード「REX-PCI15PM」はWindows Server 2003もサポートする。

 それぞれ、5ベイタイプのeSATAリムーバブルケース「SA-DK5ES」とのセットも同時発売する。新製品と同ケースを組み合わせて使用することで、最大5台のHDを1本のケーブルで接続できる。

 なお、現在発売中のポートマルチプライヤ対応eSATA PCI Expressボード「REX-PE30S」とeSATA Express Card/34「REX-EX30S」用のMacOS対応ドライバも、9月下旬頃から同社サイトで提供する予定。