トヨタ自動車(渡辺捷昭社長)とKDDI(小野寺正社長兼会長)は、auブランドのトヨタオリジナル第三世代携帯電話「TiMO(ティーモ)」を共同開発し、10月下旬から全国のトヨタ販売店で販売すると発表した。発売に先立ち、9月1日から予約を受け付ける。

 トヨタ自動車(渡辺捷昭社長)とKDDI(小野寺正社長兼会長)は、auブランドのトヨタオリジナル第三世代携帯電話「TiMO(ティーモ)」を共同開発し、10月下旬から全国のトヨタ販売店で販売すると発表した。発売に先立ち、9月1日から予約を受け付ける。

 「TiMO」は、東芝製のau用携帯電話「W44T」をベースに、ドットパターンをあしらった専用のデザインやカラーを施したオリジナル端末。機種名は「W44T II」で、十字キーの下には、トヨタのロゴマークも入れる。さらに、GPS(全地球測位システム)を活用した緊急通報サービス「HELPNETケータイ」の1年間無料サービスをつけるなど、自動車との連動を強化した。

 ガイダンス機能を搭載し、トヨタ純正のBluetooth対応ナビゲーションシステムとの組み合わせることでハンズフリー通話ができるほか、別売りで、アームレストなどに固定できるTiMO専用車載充電台も用意する。このほか、ゲームや着うたなどを1年間無料でダウンロードできる専用コンテンツなどを提供する。

 カラーはパールホワイト、ダークネイビー、ライトボルドーの3色。携帯電話本体には、有効画素数320万画素のカメラや2.6インチの大型液晶ディスプレイなどを装備する。auの音楽配信サービス「LISMO(リスモ)」や「EZナビウォーク」「EZ助手席ナビ」など各種サービスにも対応している。