ソフマップ(野口進社長)とレノボ・ジャパン(向井宏之社長)は、6月15日から「レノボ・ショッピングご利用者向けPC下取サービス」を開始した。

 レノボ・ジャパンが運営する販売サイト「レノボ個人向けショッピング」でレノボ製PCを購入したユーザーを対象にした下取りサービス。下取りはソフマップが担当する。

 レノボ製PCを購入後、一定期間内にソフマップに下取りを申し込むと、パソコン(IBM・レノボ製以外)・周辺機器・デジタル機器などを通信買取にて下取りする。この下取りサービスは、現在、「ソフマップ・ドットコム」や、「Apple Store」「Sony Style」「HP Directplus」「NEC Direct」などのメーカー直販サイトでも実施している。

 これによって、新しいPCを購入後、データ移行や環境移行をしてから古いPCを下取りして欲しいというニーズや、PCの買い替え時にも中断することなくインターネットやメールを使いたいというニーズに対応する。

 なお、8月31日までに「レノボ個人向けショッピング」でPCを購入したユーザーを対象に、通常1500円からの引取手数料を無料にするほか、IBM・Lenovo製以外のPC本体の査定金額を10%増額するキャンペーンを実施する。