日本サムスンは6月15日、中間階調での応答速度が2msの液晶ディスプレイ「SyncMaster 740BF-R(17型)」「SyncMaster 940BF-R(19型)」を発売した。同社オンラインショップ「サムスンダイレクト」で販売し、価格は「740BF-R」が3万9800円、「940BF-R」が5万4800円。

 中間階調での応答速度を2msに向上させ、動きの早い映像を再生した際の残像感を大幅に減少、輪郭のくっきりとした鮮明な表示を可能にした。輝度は300cd/m2、コントラスト比は700:1、視野角は上下左右ともに160度で、黒から白への応答速度は8msとなる。最大解像度は1280×1024。

 また、彩度を際立たせると同時に、本来の色相に近く、鮮やかで躍動感のある豊かな色感を表示するASE(適応制御型彩度向上機能)を採用。中間段階の色相も基本となるRGBカラーに近い色に調整できる。

 ディスプレイ本体ではなく、マウス操作で、コントラスト比、輝度、色温度、位置調整、シャープネスなどの設定を行うことができる「MagicTune」、使用環境に合わせ「ゲーム」「映画」「スポーツ」「インターネット」「テキスト」といったモードを選べる「MagicBrigt2」機能も備える。

 2モデルともにアナログ(ミニD-Sub15ピン)とデジタル(DVI-D)の2系統入力に対応。アナログ・デジタル信号ケーブルが付属する。