アルプス システム インテグレーション(ALSI、大喜多晃社長)と上智大学(石澤良昭学長)は、高等学校の英語(外国語)を担当する教師を対象とした「上智大学CALLセミナー」を7月15日に上智大学のCALL-A教室で開催する。

 アルプス システム インテグレーション(ALSI、大喜多晃社長)と上智大学(石澤良昭学長)は、高等学校の英語(外国語)を担当する教師を対象とした「上智大学CALLセミナー」を7月15日に上智大学のCALL-A教室で開催する。

 コンピュータを活用した語学学習システム「CALL(Computer Assisted Language Learning)システム」の導入と活用をテーマとしたセミナー。当日は、長期に渡るCALLシステムの研究やCALLシステム活用の実績をベースに、CALLシステムの導入、外国語教育に関する講演や模擬授業、施設見学ツアーを実施する。

 上智大学は、97年度から「CALLプロジェクト」を開始し、98年にCALL教室を設置、05年4月には、AV教室・LL教室を統合し、新しい語学学習マルチメディアスペースを設置した。現在は英語・ドイツ語・フランス語・イスパニア語・ロシア語・中国語・同時通訳実習の授業を担当する教師と連携し、eラーニングプラットフォームの利用、教員向け講習会など行っている。