バッファローは、iPodやプレイステーション・ポータブル(PSP)で直接再生できるH.264(MPEG4-AVC)形式でエンコードを行うUSB2.0対応外付けTVチューナー&キャプチャボックス「PC-MV9H/U2」を6月下旬に発売する。H.264(MPEG4-AVC)形式でリアルタイムに録画できる製品はコンシューマ向けでは初めて。価格は2万8770円。

 Qpixel社製の「QL201」チップを採用し、高画質なままファイルサイズを小さくできる「H.264(MPEG4-AVC)」ハードウェアエンコードに対応した。高い圧縮率により、録画データを画質が同等のMPEG2ファイルの約3分の1に抑えることができる。

 H.264(MPEG4-AVC)は、iPodやPSPなどでも採用されている動画圧縮形式。このため「PC-MV9H/U2」では、従来のようにMPEG2からH.264(MPEG4-AVC)形式に変換することなく、録画したデータをそのままiPodやPSPで再生できる。さらに、録画予約時にあらかじめ転送設定をしておけば、録画した番組をiPodやPSPに自動的に転送する機能も備える。

 チューナーは、VHF1?12ch/UHF13?62ch/CATV C13?C63chのアナログのみだが、ゴーストリデューサ、3D Y/C分離回路、3Dノイズリダクションなどの各種高画質機能を搭載し、それらの効果でより美しい映像で視聴・録画することができる。リアルタイムでプログレッシブ化する独自の専用チップも搭載しており、櫛状のノイズのない滑らかな映像で録画できる。

 また、パソコンに「PC-MV9H/U2」を最大10台まで同時接続して10番組まで同時に録画することもできる。このため、本体背面にサービスコンセントとUSBポートを搭載し、アンテナ線の分配器も内蔵するなど、複数台の設置を考慮した設計とした。本体前面には、S端子や酸化しにくい金メッキを施したコンポジットなど、外部入力端子を装備する。

 TV視聴・録画ソフトは、多チャンネル同時録画にも対応した「PCastTV2」を添付。番組予約は、テレビ番組情報サイト「テレビ王国」と連携した電子番組表(EPG)から行えるほか、同サイトと連携した「おまかせ録画」や携帯電話、外出先からの「リモート番組予約(i-Command)」にも対応する。このほか、H.264(MPEG4-AVC)に対応した動画編集ソフト「サイバーリンク PowerDirector5 for BUFFALO」も添付する。

 同社では、H.264(MPEG4-AVC)形式のメリットとして、(1)ファイルサイズが小さいため、ネットワーク転送が短時間で完了、(2)無料で配布されているPC用プレーヤーソフトで再生でき、環境を選ばない、(3)ファイル容量を節約できるため、多チャンネル録画や長時間録画に最適、(4)データがそのままiPodやPSPで再生できる――などを挙げている。