オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は、語学学習に便利な機能を搭載したICレコーダー「Voice-Trek(ボイストレック) G-10」を7月6日に同社のオンラインショップ限定で発売する。価格は1万7800円。

 ホロン(脇坂龍治代表取締役)との協業で、ホロンの英語学習ソフト「えいご道場」と、同ソフトのレッスンデータを簡単に「Voice-Trek G-10」に転送できる専用の転送ソフト「Voice-Trekでえいご道場」を同梱しているのが特徴。学習レベルに合わせて0.5倍速から1.5速倍まで、9段階の調整が可能な遅聞き・早聞き再生機能を搭載するなど、語学学習用途に最適な機能を盛り込んだ。

 また、ノイズが多い状況で録音された音声もクリアにステレオ再生できる「新ノイズキャンセル機能」や特定の周波数成分を削減して音声を強調して再生する「音声フィルタ機能」を搭載し、音質も向上した。録音方式はWMAフォーマットを採用し、256MBの内蔵メモリーで最長68時間55分の録音が可能。

 USBコネクタを搭載した本体部を電池部から分離してパソコンへダイレクト接続することができるセパレート型デザインを採用。本体サイズは高さ94.8×幅38.2×奥行き11mm、重さは46g。単4電池1本で約15時間録音を実現。USBマスストレージクラスに対応し、USBメモリーとしての使用もできる。