インテル、ビットワレット、マイクロソフトの3社は6月13日、都内で記者会見を開催し、非接触ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」を用いた電子商取引の発展・普及を目指した「スマートデジタルライフ推進プロジェクト」を共同で推進していくと発表した。

 インテル、ビットワレット、マイクロソフトの3社は6月13日、都内で記者会見を開催し、非接触ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」を用いた電子商取引の発展・普及を目指した「スマートデジタルライフ推進プロジェクト」を共同で推進していくと発表した。

 「FeliCa」は、ソニーが開発した非接触ICカード技術。ビットワレットの電子マネー「Edy(エディ)」やJR東日本の「Suica(スイカ)」、おサイフケータイをはじめ、幅広く採用されている。同プロジェクトでは、「FeliCa」技術を活用した新たな利用モデルの提案を行い、普及を進めることで「FeliCa」リーダー・ライターを搭載したパソコンなどの需要拡大を目指す。

 具体的な活動としては、(1)技術・マーケティング情報の提供、(2)新しい利用モデルの議論・提案、(3)「FeliCa」対応PCの協働プロモーションの計画と実施、(4)利用層拡大を見据えた実証実験の計画と実施、(5)導入事例、販売促進用配布物の作成、(6)「FeliCa」関連の展示会などへの出展、各種セミナーでの講演――などを行う予定。3社のほか、発表日時点で計35の企業・団体が同プロジェクトに賛同していることも明らかにした。

 これらの活動により、1年後には「FeliCa」対応オンラインサービスの数を現在の2倍に、「FeliCa」リーダー・ライター搭載PCと外付けリーダー・ライターの出荷台数を現在の3倍に、「FeliCa」決済によるオンライン取引高を現在の2倍に増やすことを目指す。

 具体的な数字についてビットワレットの宮沢和正執行役員は、「Edy決済が可能なサイトは現在1400サイト、FeliCa対応機器の年間出荷台数は100万台ほど。これを1年後には3000サイト、年間出荷台数300万台まで増やす。またオンライン決済取引高は具体的には言えないが、現在、数百億円ほど」と説明した。

 また、FeliCa普及によるユーザーのメリットについて、インテルの町田栄作取締役は、「FeliCa対応PCが増えることで、パソコンが家庭内の安全で便利な決済端末になる。FeliCaは、クレジットカードとは違い、個人認証が不要で、さらに個人情報がネット上に流出することがない。またこれまでクレジットカードを持てなかった若年層でも利用することができる」との見解を示した。

 ビットワレットによると、同社が提供する電子マネー「Edy」の発行枚数はおサイフケータイを含めて、06年6月で累計1860万枚に達したという。「Edy」が利用できるリアル加盟店はコンビニエンスストアや飲食店、薬局、書店など3万3000店舗、Edy決済に対応するWebサイトは1400サイトを超える。