KDDI(小野寺正社長)は6月13日、インターネット接続サービス「DION」を利用しているユーザーの顧客情報約400万人分が外部に流出していたと発表した。 

 KDDI(小野寺正社長)は6月13日、インターネット接続サービス「DION」を利用しているユーザーの顧客情報約400万人分が外部に流出していたと発表した。

 流出したのは03年12月18日までに「DION」に申し込んだ顧客399万6789人分の氏名、住所、電話番号。このうち、2万6493人分の性別、9万8150人分の生年月日、44万7175人分のメールアドレスも流出していた。DIONメールアドレス、パスワード、口座番号などの信用情報、通信記録は流出していないという。同社では、流出が確認された顧客にはお詫びのメール、文書を送るとしており、その内容をウェブサイト等にも掲載する。

 情報流出が判明した経緯について同社は「5月30日に男から顧客情報を入手したと電話があり、その後CD-Rが届いた。このCD-Rを分析したところDIONユーザーの顧客情報が入っており、情報の流出に気づいた」としている。この男は、13日警視庁に恐喝未遂容疑で逮捕された。

 また、同社ではこの件に関する専用受付電話を設置した。受付時間は9時から20時までで、土日・祭日も受け付ける。電話番号は「0077-78-9100(フリーコール)」。