三菱化学メディア(三菱化学、大塚重徳社長)は、次世代光ディスクHD DVD/Blu-ray Disc(BD、ブルーレイ)の両規格に対応する追記・書き換え型ディスク3製品を7月5日に発売する。

 HD DVDは、AZO色素を応用してHD DVD-Rに適した色素を新開発し、DVDに匹敵する長期間の保存安定性や青色レーザーに対応できる再生耐久性を実現したのが特徴。片面2層ディスクの量産化にも成功した。

 まずは、録画用の片面1層HD DVD-R「VR75T1」を7月5日に発売。片面2層のHD DVD-R「VR150T1」も、ドライブメーカー向けに出荷した後、一般向けに販売開始する。「VR75T1」は15GB、「VR150T1」は30GBの容量を持ち、転送レート約24Mbpsのデジタルハイビジョン放送をそれぞれ75分、150分録画できる。HD DVD-Rの発売は世界で初めて。また書き換え型のHD DVD-RWの製品化も進めており、規格化が完了次第、発売する予定。

 ブルーレイでは、新開発のディスク表面保護層を採用。指紋などの汚れや埃、傷に強く、カートリッジなしでも安心して使用できるようにした。また、独自の精密スピンコーティング法を用い、記録膜全面に渡って膜厚精度±1μm以内という超均一性層を実現し、安定した記録・再生特性を確立した。

 2倍速記録に対応したデータ用片面1層BD-R「DBR25N1」、同書き換え型のBD-RE「DBE25N1」を7月5日に、片面2層50GBのBD-R/REは今秋以降に発売する。いずれもカートリッジのないベアタイプ。

 ディスクはそれぞれ1枚単位で販売する。価格はすべてオープンで、実勢価格は、片面1層のHD DVD-R「VR75T1」、BD-R「DBR25N1」が2000円前後、BD-RE「DBE25N1」が2500円前後の見込み。