デジカメの画素数競争に再燃の兆しがみえてきた。6月第1週(5月29日-6月4日)の「BCNランキング」デジタルカメラ部門で、コンパクトデジカメ初の1000万画素超えを果たしたカシオの新モデル「EXILIM ZOOM EX-Z1000」が販売台数シェアで1位を獲得。7週連続でトップを走っていたキヤノンの「IXY DIGITAL 800 IS」と逆転したからだ。

 デジカメの画素数競争に再燃の兆しがみえてきた。6月第1週(5月29日-6月4日)の「BCNランキング」デジタルカメラ部門で、コンパクトデジカメ初の1000万画素超えを果たしたカシオの新モデル「EXILIM ZOOM EX-Z1000」が販売台数シェアで1位を獲得。7週連続でトップを走っていたキヤノンの「IXY DIGITAL 800 IS」と逆転したからだ。



 ランキング上位のモデルでも1ケタ台でシェアを奪い合う激戦が続くデジカメ市場だが、カシオの「EXILIM ZOOM EX-Z1000」は6.7%の販売台数シェアで1位を獲得した。同社のコンパクトデジカメ「EXILIM ZOOM」シリーズの最新モデルで、撮像素子に有効1010万(10.1メガ)画素の1/1.8型CCDを搭載したのが最大の特徴。10.1メガ画素による超高精細な画像により、ディテール描写や階調再現でも高画質化を実現した。しかも、撮影や再生の動作はスピーディー。実売価格が5万円を切るレベルまで下がってきていることもあり、人気が集まっているようだ。

●これまでのトレンドは「手ブレ補正」「高感度」

 この「EX-Z1000」の垂直立ち上げ的売れ行きに押され、1位の座を追われるかたちとなったのが、販売台数シェア5.3%のキヤノン「IXY DIGITAL 800 IS」。同社「IXY DIGITAL」シリーズで初めて手ブレ補正機能を搭載したフラッグシップモデルで、4月中旬以来ずっと首位を維持していた。販売台数シェア3位にはキヤノン「IXY DIGITAL 70」が、4位にはカシオ「EXILIM ZOOM EX-Z600」がランクインしている。どちらも最高感度ISO800で撮影ができる、手のひらサイズの薄型コンパクトデジカメ。いずれも画素数は600万画素だ。



●画素数アップは、再び製品差別化の切り札となるか?

 デジカメ市場では、高画素化を争う画素数競争はひとまず沈静化したといわれていた。L版や2L版といった一般ユーザーが多用する印刷サイズでは、600万画素もあれば十分「キレイな写真」が撮れる。そこで、競争のポイントは、手ブレ補正や高感度による「キレイな写真」実現へと移ってきた。しかしそういった機能の充実もほぼ一巡。今度は色の深みや質感といった、より高い次元の「写真の美しさ」を求めて、再び「画素数」に注目が集まってきているのかもしれない。このまま「EX-Z1000」の好調が続くようなら競合各社も追随せざるを得ず、画素数競争が再燃することになりそうだ。


*「BCNランキング」は、全国のパソコン専門店や家電量販店など18社・約2200の店舗からPOSデータを日次で収集・集計しているPOSデータベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで115品目を対象としています。