ラトックシステム(ラトック、岡村周善代表取締役)は、ケーブル一体型PC自動切替器「REX-220CUD」を6月下旬に発売する。価格は1万3500円。1組のUSB接続キーボード・マウスとDVI接続のディスプレイで2台のPCを切り替えて使うことができる。

 ラトックシステム(ラトック、岡村周善代表取締役)は、ケーブル一体型PC自動切替器「REX-220CUD」を6月下旬に発売する。価格は1万3500円。1組のUSB接続キーボード・マウスとDVI接続のディスプレイで2台のPCを切り替えて使うことができる。

 接続方式にはディスプレイは信号変換による劣化のないクリアな画質のDVI、キーボードとマウスはUSBを採用した。ワイヤレスキーボード・マウスのセットやUSB多機能マウスにも対応する。PCの切替は本体の切替ボタンか、指定したキーボード上のキーを押すホットキー機能で行える。

 また、PCに接続するケーブルとコネクタは、接続するPCごとにブラック、グレーで色分けし、ひと目で見分けられるようにした。USBポートから電源を供給するバスパワー方式でACアダプタが不要。対応OSはWindows XP/2000/Me/98SE。