米シーゲイト・テクノロジーは6月8日、垂直磁気記録方式を採用し、最大160GBの容量を備えた2.5インチノートブックPC用HDDを発表した。07年前半に出荷する。容量はいずれも40-160GB。

 回転ディスクストレージとフラッシュメモリを組み合わせることで電力効率を向上し、起動時間を短縮した「Momentus 5400 PSD」、ノートブックPCの紛失、盗難、処分時に情報保護するデータ暗号化を搭載する「Momentus 5400.2 FDE」、回転速度が7200rpm、容量が160GBの「Momentus 7200.2」をラインアップした。

 「Momentus 5400 PSD」は、システムがスリープモードに入る前にアクセス頻繁の高いデータをフラッシュメモリに書き込むことで、休止状態からの操作再開スピードを従来モデルより最大20%高速化した。プラッターの回転時間も短縮することで、電源消費を最大50%削減した。

 「Momentus 5400.2 FDE」は、すべての暗号化操作やキー管理をドライブ内で安全に実行できる「フルディスク暗号化機能」を搭載し、ハッキングやデータの改ざんを防止する。ユーザーのドライブへのアクセス時にはパスワード1つで認証できるほか、サードパーティ製のセキュリティ機能とも併用できる。

 Momentusシリーズは非動作時で最高900G、動作時で350Gの耐衝撃性を持つ。また、同社が開発したSoftSonic流体軸受けモーター、QuietStepランプロードテクノロジーを静音化技術に採用した。