松下電器産業は6月8日、業界初の「SDHCメモリーカード」に対応したビデオカメラ「SDカードムービー SDR-S200」を7月8日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は10万円前後の見込み。

 松下電器産業は6月8日、業界初の「SDHCメモリーカード」に対応したビデオカメラ「SDカードムービー SDR-S200」を7月8日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は10万円前後の見込み。

 CCDは動画で有効192万画素。記録メディアにSDメモリーカードを採用し、同社が発売する4GBの「SDHCメモリーカード」に対応する。「SDHCメモリーカード」は2GBを超える大容量メモリーカードの新規格。4GBのメモリカードではLPモードで最長で約3時間20分の録画が可能。

 レンズは小型化を図った「低分散ガラス採用ライカディコマーレンズ」で、ズーム機能は光学10倍、デジタル25倍。高性能映像処理回路「クリスタルエンジン」と、同社のDVDレコーダーの技術を応用したMPEG2高画質回路を組み合わせることで高画質化を図った。手ブレ防止の「光学式手ブレ補正ジャイロ」も装備する。

 モニターは2.8型の高精細ワイド液晶で、電源を入れると液晶の開閉動作と連動してレンズカバーが自動で開閉する。動画編集ソフト「MotionSD STUDIO ver1.1」が付属しており、USB2.0接続の場合、約22倍速でPCに動画を取り込むことが可能。

 本体サイズは幅49.9×高さ99.7×奥行き81.3mm、重さ約247g。付属バッテリーで約1時間20分の連続撮影ができる。2GBのSDメモリーカードを同梱している。