日本サムスンは、アスペクト比16:10の19型ワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 940MG-R」を6月8日に発売した。同社オンラインショップ「サムスンダイレクト」で販売し、価格は送料込みで7万9800円。

 最大解像度1440×900(WXGA+)に対応する19型ワイドの光沢液晶パネルを採用。液晶パネルにはARC(アンチ・リフレクション・コーティング)加工を施し、光沢タイプながら光の映りこみを抑えた。コントラスト比は700:1、輝度は450cd/m2。

 また本体前面に3W+3Wのステレオスピーカーを内蔵し、場所を取らずに迫力あるサウンドを楽しむことができる。サラウンド機能として、Dolby Virtual Soundや音響補正回路「BBE」も搭載する。PC画面上に、テレビ画面や外部入力映像など、異なる2つのソースの映像を子画面表示できるPIP/PBP機能も備えた。

 PC用途では、アナログRGBとデジタルのDVI-Dの2系統入力に対応。ハイビジョン入力(1080i)や著作権保護システムに対応したDVI-HDCP(High-bandwidthDigital Content Protection)をはじめ、RCA端子、S端子など、AV用途に対応する入力端子も装備する。