ノキア・ジャパン(タイラー・マクギー社長)は6月7日、第三世代携帯電話の「WCDMA」と「GSM」の2方式に対応した法人向け携帯電話「Nokia E60」「Nokia E61」を今年秋以降をめどに国内で発売すると発表した。価格はオープン。海外ではすでに販売しており、価格は350-450ユーロ(4-5万円)程度。

 「Nokia E60」は、片手で簡単に操作できるストレート型の端末。音声通話機能や無線LANを使ったIP電話機能を搭載するほか、Bluetooth、赤外線通信にも対応する。また、QVGAより高い解像度を持つ416×352ピクセルの液晶ディスプレイを搭載する。

 「Nokia E61」は、音声通話や無線LANを使ったIP電話機能を備え、電子メールの入力に便利なフルキーボードを装備したのが特徴。本体素材にはマグネシューム合金を採用。大型2.8インチのQVGAディスプレイ、4方向ジョイスティックも搭載する。PDFなどの貼付ファイルの閲覧や、ドキュメントファイルの編集も可能。電話中に電子メールを送受信することもできる。さらに、「BlackBerry Connect」「GoodLink」「Seven Mobile Mail」「Seven Always-On Mail」といったモバイル用の企業向け電子メールソリューションにも対応する。なお、企業における機密上の管理を目的に、「Nokia E60」「Nokia E61」ともカメラは搭載していない。

 「WCDMA」方式は、日本ではNTTドコモとボーダフォンが採用。「GSM」方式はヨーロッパを中心に世界各国で採用されている。ボーダフォンは、今回の2端末を秋以降に自社ブランドの端末として販売する計画。NTTドコモについては未定。