東芝は、フラッシュメモリタイプの携帯オーディオ「gigabeat Pシリーズ」のプレミアムモデルとして、人気漫画「NANA」のキャラクターをイメージした「gigabeat P5S」4機種を7月7日から順次発売する。価格はオープン。実勢価格は1万5777円前後の見込み。

 「NANA」の主人公や2つのバンドをイメージしたモデルで、原作者の矢沢あいさんが監修したデザインを採用しているのが特徴。いずれも「NANA」のロゴ画像をプレインストールした。パッケージはモデルごとにそれぞれ異なる。

 主人公、大崎ナナのカリスマ性をイメージして、ボディーにビビッドな赤、プラスボタンを黒にした「NANAバージョン」、もう一人の主人公、小松奈々(ハチ)のみんなに愛されるキャラクターをイメージしたボディカラーがピュアなホワイト、プラスボタンがピンクの「HACHIバージョン」をラインアップした。

 そのほか、2つのバンドをイメージしたブラックにレッドの「BLACK STONESバージョン」、バイオレットにブルーの「TRAPNESTバージョン」もそろえた。

 ディスプレイには1.1型カラー有機ELを採用。JPEG画像を表示できるほか、時計表示機能も搭載した。メモリー容量は512MBで、約125曲が収録可能。本体サイズは幅31.9×奥行き13.2×高さ82.0mm、重さは約50g。USB充電に対応し、連続再生可能時間は約14時間。対応OSはWindows XP。

 本体のステレオライン入力端子とオーディオ機器のステレオライン出力端子を接続することで、直接音楽を取り込める「ダイレクトエンコーディング」機能も装備。FMチューナーや内蔵マイクも備えた。再生オーディオ形式はWMA、MP3、WAV。Windows Media DRM 10にも対応する。