KFE JAPAN(原田隆朗社長)は6月6日、有効519万画素のデジタルカメラ「EXEMODE DC570」を発売した。価格はオープン。ショッピングサイト「ネットプライス」で販売し、実勢価格は1万5000円前後。

 KFE JAPAN(原田隆朗社長)は6月6日、有効519万画素のデジタルカメラ「EXEMODE DC570」を発売した。価格はオープン。ショッピングサイト「ネットプライス」で販売し、実勢価格は1万5000円前後。

 1/2.5型CCDイメージセンサーを採用した、有効画素519万画素のコンパクトデジカメ。ズームは光学3倍、デジタル5倍の計15倍。モニターには大画面の2.4型TFTカラー液晶を採用した。

 画質はスーパーファイン/ファイン/ノーマルの3種類から選択でき、静止画だけでなく、動画も記録可能。記憶媒体はSDメモリカードで、本体に32MBのフラッシュメモリを内蔵する。本体サイズは幅100×高さ54×奥行き35mm、重さは電池抜きで約132g。電源は乾電池に対応しており、単3形アルカリ乾電池2本を使用した場合で約180枚撮影できる。