松下ネットワークマーケティング(原昭一郎社長)は、Let's note(レッツノート)誕生10周年を記念して、同社が運営する直販サイト「マイレッツ倶楽部」で、「Let's note T4タブレットモデル」と「Let's note Y5指紋センサーモデル」の2機種をそれぞれ200台限定で発売すると発表した。

 松下ネットワークマーケティング(原昭一郎社長)は、Let's note(レッツノート)誕生10周年を記念して、同社が運営する直販サイト「マイレッツ倶楽部」で、「Let's note T4タブレットモデル」と「Let's note Y5指紋センサーモデル」の2機種をそれぞれ200台限定で発売すると発表した。

 「T4タブレットモデル」は、メモリ1GB、タッチパネル付き12.1型液晶、Microsoft Windows XP Tablet PC Edition2005を搭載。本体底面へのハンドストラップ装着によって、モバイル時の操作性をさらに向上させた。今回、同モデルの購入者には、特典として専用ミニポートリプリケーター(非売品)をプレゼントする。価格は23万9800円から。

 「Y5指紋センサーモデル」は、指紋センサーの搭載により、PC起動時やWindowsログオン時にパスワード入力の手間を省き、指1本で使用可能な状態にできるのが特徴。14.1型SXGA+液晶、インテル Core Duoプロセッサ低電圧版 L2300を採用し、内蔵ハードディスク120GB、メモリ512MBを搭載した。価格は29万4200円から。

 いずれも6月5日に予約開始。出荷は「T4タブレットモデル」が7月5日から、「Y5指紋センサーモデル」が7月13日から。