米シマンテックは、新しいコンシューマー向けPCセキュリティサービス(コードネーム「Genesis」)の名称を「Norton 360」に正式に決定したと発表した。

 「Norton 360」は、同社のPCセキュリティ・メンテナンス(保守)技術と、新たに取得・開発した技術を統合。オールインワン型のサービスとして提供し、更新ファイルも自動的でインストールできる。データは自動化されたオンラインバックアップやオンライン通信セキュリティで保護し、フィッシング詐欺やクライムウェア(犯罪性の高いプログラム)からユーザーを守る新しいツール「Symantec Phish Report Network」も導入する。

 シマンテックでは、マネージドベータを公開。今夏からパブリックベータを公開する予定。ベータ版ではメールとチャットでサポートを行い、ユーザーからのフィードバックを受け付けるほか、新たなオンライン通信セキュリティ機能もテストする。パブリックベータは英語のみで、参加登録はWebサイトから行える。

 「Norton 360」は今会計年度中に全世界で発売を予定しているが、正式な発売時期は、ベータプログラムのユーザーからのフィードバックをもとに正式に決定する。OSはWindows XPのほか、次期WindowsOSの「Vista」にも対応する。