ソーテックはノート、デスクトップPCの夏モデル6機種を発表、同社のオンラインショップで受注を開発した。6月中旬から順次出荷を開始する。

 ノートPCは「WinBook DN2000C」「WinBook DN2000S」「WinBook DN7000」「WinBook DN6000」、デスクトップPCでは「PC STATION DT5000」「PC STATION DS3000」の計6機種。いずれもBTOに対応する。

 ノートPCの「WinBook DN2000C」は最小構成価格が6万9800円。Celeron M 380(1.60GHz)、HDD40GB、コンビネーションドライブを搭載する。「WinBook DN2000S」は最小構成がドライブがDVDスーパー・マルチドライブのほかは「DN2000C」同様で価格は7万9800円。2機種ともにディスプレイには15型のTFT液晶を採用した。それぞれ1000台の限定で販売する。

 「WinBook DN7000」ではインテルのデュアルコアCPU「Core Duo」、チップセットにモバイル インテル 945GM Expressを採用。ディスプレイは15.4型ワイドTFT液晶。消費電力を調整し、約3.6時間の駆動を可能にする「パワーセーブボタン」も備える。価格はCPUがCore Duo T2300E(1.66GHz)、HDD40GB、メモリ512MB、DVDスーパー・マルチドライブ、OSはWindows XPなどの最小構成で10万9800円。

 「WinBook DN6000」はAMDのデュアルコアCPU「AMD Turion 64 X2」をCPUに搭載したモデルで、グラフィックボードにはATIのRADEON XPRESS 200Mチップセットを装備する。CPUが「AMD Turion 64X2(1.6GHz)」、HDD40GB、メモリ512MB、DVDスーパー・マルチドライブ、OSはWindows XPなどの最小構成で9万9800円。

 一方、デスクトップの「PC STATION DT5000」ではデュアルコアCPU「Pentium D」をはじめ6種類のCPUを選択可能。チップセットには「945G Express チップセット」装備する。CPUがHTテクノロジ Pentium 4 630(3GHz)、HDD160GB、メモリ512MB、DVDスーパー・マルチドライブ、OSはWindows XPなどの最小構成で7万9800円。

 「PC STATION DS3000」はスリムタワー型デスクトップPCで、HDD、メモリ、ドライブなどのカスタマイズが可能。CPUにはCeleron D (2.93GHz)を採用した。Celeron D、HDD40GB、メモリ256MB、CD-ROMドライブ、OSはWindows XPなどの最小構成で3万9900円。