松下電器産業(中村邦夫社長)と松下電工(畑中浩一社長)は5月31日、デジタルテレビを活用した家庭向けセキュリティサービスを7月21日から開始すると発表した。防犯情報の入手からセキュリティ関連サービスの申し込み、利用、支払いまでをワンストップで行えるのが特徴。

 松下電器のデジタルテレビ向けインターネットサービス「Tナビ」上に、新たに「くらしの防犯サイト」を開設して地域の防犯情報や防犯対策、防犯関連商品などを紹介する。さらに住宅設備機器のコントロール機能も追加。対応するのは同社のホームセキュリティシステム「くらし安心ホームシステム」で、デジタルテレビを通じてリモコンで操作できる。

 「くらしの防犯サイト」のメニューは、無料で利用できる「警察署からのおしらせ」「防犯情報」「防犯対策」「商品/サービス紹介」と、松下電工が運営する「くらし安心ホームサービス」へのリンクで構成。「警察署からのおしらせ」では、警視庁生活安全部、大阪府警察本部から提供される空き巣被害情報や犯罪注意報などを提供する。当初は東京都と大阪府の情報提供からスタートし、順次情報提供地域を拡大していく。「防犯情報」では、警察庁が公表している防犯情報を活用し、侵入犯罪の発生場所や手口、侵入犯罪に対する予防方法などの情報を提供。「防犯対策」では、日常的に発生する犯罪事例をもとに、日本防犯設備協会などの専門家による防犯アドバイスや対策情報が得られる。「商品/サービス紹介」では、くらしの防犯に役立つさ防犯関連商品やサービスの情報を掲載する。

 「くらし安心ホームサービス」は、松下電工の「くらし安心ホームシステム」対応の有料サービス。テレビドアホンの「ネット・セキュリティ玄関番システム」に対応した「誰かな用心サービス」、「ネット・ワイヤレスセキュリティシステム」に対応した「留守宅用心サービス」、「ネット・リモコンシステム」に対応した「外からスイッチサービス」などを提供する。利用料は、各サービスとも月額525円程度の予定。