シャープ(町田勝彦社長)は、明るく色鮮やかな高精細TFT液晶パネルを採用した17型液晶カラーモニタ「LL-174A-W/B」を6月14日に、19型液晶カラーモニタ「LL-194B-W/B」を6月28日にそれぞれ発売する。カラーはホワイトとブラックの2色。価格はオープンで、実勢価格は「LL-174A-W/B」が4万円前後、「LL-194B-W/B」が5万5000円前後の見込み。

 シャープ(町田勝彦社長)は、明るく色鮮やかな高精細TFT液晶パネルを採用した17型液晶カラーモニタ「LL-174A-W/B」を6月14日に、19型液晶カラーモニタ「LL-194B-W/B」を6月28日にそれぞれ発売する。カラーはホワイトとブラックの2色。価格はオープンで、実勢価格は「LL-174A-W/B」が4万円前後、「LL-194B-W/B」が5万5000円前後の見込み。

 最大解像度1280×1024のSXGA表示をサポートする液晶ディスプレイ。応答速度は17型・19型ともに8msと高速で、明るくメリハリの効いた画像表示が行える。輝度は17型が300cd/m2、19型が280cd/m2、コントラスト比は17型が650:1、19型が700:1。また、17型の「LL-174A-W/B」は、額縁部にステレオスピーカーを内蔵する。

 色再現性国際規格「sRGB」に対応したカラーマネージメント機能、モニターの管理が容易にできるインフォメーション機能、画面の明るさを調整できるガンマ補正機能なども備える。映像入力端子はミニD-sub15ピン1系統。

 環境にも配慮しており、液晶の輝度を下げ、消費電力を低減する「オフィス」モードを搭載。このほか、ノンハロゲン難燃樹脂を採用したキャビネットや、リサイクルしやすい段ボールと紙を使用した梱包材を採用するなど、素材から梱包まで環境に配慮した設計を行った。「J-Moss」で定められた特定化学物質の含有も、基準値以下を実現している。