富士写真フイルム(古森重隆社長)は5月30日、手ブレ・被写体ブレを防ぐ高感度機能と撮影場面ごとに感度と光量を適正に自動調整するフラッシュを搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix Z3」を6月下旬に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は4万円前後の見込み。

 富士写真フイルム(古森重隆社長)は5月30日、手ブレ・被写体ブレを防ぐ高感度機能と撮影場面ごとに感度と光量を適正に自動調整するフラッシュを搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix Z3」を6月下旬に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は4万円前後の見込み。

 被写体までの距離、画面内に占める被写体の大きさや位置などを自動的に認識し、適正な感度・光量に自動調整する独自の「iフラッシュ」機能を搭載したのが特徴。薄暗く、被写体が中央にいない場合でも、光量オーバーによる顔や衣服などの白とびを抑え、背景まで明るく自然な仕上がりにすることができる。


 CCDには、有効画素数512万画素の「スーパーCCDハニカムV HR」を採用。ISO1600の高感度で手ブレ・被写体ブレを防ぐ。本体背面には、高感度機能を活かした高速シャッターを使い、ワンタッチでブレ防止を設定できる「ブレ軽減モード」ボタンを配置、一度シャッターを押すだけで、ノンフラッシュ撮影と「iフラッシュ撮影」の写真を2枚連続して記録する「高感度2枚撮り機能」も備えた。ズームは光学3倍で、35mmフィルム換算で36-108mmとなる。

 このほか、デジタルカメラとしては世界で初めて、高速赤外線通信機能「IrSimple」に対応。IrSimpleに対応した携帯電話やプリンタなどと画像の送受信ができる。さらに、同時発売するモバイルプリンタ「Pivi(MP-300)」との間では、640×480ピクセルのデータをわずか0.6秒で送信できるという。

 サイズは幅90×高さ55×奥行き20mm、重さは約130g。本体カラーは、ピンク、シルバー、レッド、ブルーの4色。色によって異なる表面仕上げを施し、ピンクとシルバーはツヤのあるアルミ素材の質感を活かし、ブルーとレッドは鏡面仕上げで、光沢感を持たせた。

 また富士フイルムでは、コンパクトデジタルカメラ「FinePix」の新イメージキャラクターに人気モデルの蛯原友里さんを起用し、「FinePix Z3」のPRも積極的に展開していく方針。