バンダイ(上野和典代表取締役社長)は5月30日、アース製薬(大塚達也代表取締役社長)と共同で企画した携帯用虫よけ器、「おそとでノーマット 仮面ライダーカブト」を6月1日に3万6000個限定で発売すると発表した。価格は1785円。

 バンダイ(上野和典代表取締役社長)は5月30日、アース製薬(大塚達也代表取締役社長)と共同で企画した携帯用虫よけ器、「おそとでノーマット 仮面ライダーカブト」を6月1日に3万6000個限定で発売すると発表した。価格は1785円。

 子ども向けテレビ番組「仮面ライダーカブト」に登場する仮面ライダーのベルトをモチーフにした、コンセント不要の電池式携帯虫よけ器で、煙が出ないのが特徴。本体に電池とカートリッジをセットしスイッチを入れるとファンが回り、カートリッジに浸透させた薬剤が拡散、虫よけ効果を発揮する。カートリッジは無香料タイプ。1枚で約2週間効果が持続する。

 「仮面ライダーカブト」の変身ベルトをモチーフにしたデザインで、裏面のフックをズボンのウエスト部分などに差し込んで使用できる。同社では、「ライダー気分を味わいながら、いやな虫をシャットアウト。キャンプやアウトドアなど夏のレジャーで便利にご使用いただけます」としている。

 本体、カートリッジ1枚、単3乾電池2本が付属し、カートリッジの交換時期を知らせるパイロットランプも備えた。つめかえカートリッジはアース製薬の「蚊に効くおそとでノーマットつめかえ」が使用できる。