文化放送(佐藤重喜社長)とドワンゴ(小林宏社長)は4月18日、音楽・放送番組を核に、音声・映像コンテンツをパソコンや携帯電話に配信する新会社「AG ONE(エイジーワン)」を7月1日に設立すると発表した。

 両社はこれまで、ドワンゴの携帯電話向けサイトを文化放送のラジオ番組と連動させたり、レーベルを超えたアニメソングアーティストのライブイベントを共催するなど、約4年間にわたって連携してきた。今回、こうした信頼関係に基づき、アニメやゲームの領域で、相互の強みを統合させ、より付加価値の高いコンテンツサービスの提供を行う新会社を設立することにしたもの。

 新会社では、PCポータル事業、モバイルコンテンツ事業といったWebでのコンテンツ配信事業、代理店事業および番組・イベント制作事業、アニメーション制作事業の3つを柱に事業を展開していく方針。

 コンテンツ配信事業では、「A&G」(アニメ&ゲーム)コンテンツのポータルサイトを運営し、音楽配信、番組のストリーミング放送、コミック・ノベル配信、eコマースなどをパソコン向け、携帯電話向けに制作、配信。文化放送の運営するA&Gポータル「超!A&G」とコンテンツを共有したり、ドワンゴの運営する携帯電話向けストリーミング放送「パケラジ」とも連携する。

 代理店事業では、「A&G」コンテンツを中心にした各メディア向け番組やイベントを制作するほか、電波媒体やネット媒体への番組提供、広告掲載希望クライアントに対する代理店業務を行う。

 アニメーション制作事業では、テレビやパソコン、携帯電話といったプラットフォームでのアニメーション作品の企画・制作・プロデュースを行う。