インテル(吉田和正共同社長)は4月18日、投資部門であるインテルキャピタルジャパンがプリベイト型電子マネー「Edy(エディ)」を運営するビットワレット(川合成幸社長)に転換社債型新株予約権付社債で50億円の投資を行ったと発表した。

 ビットワレットは、今回の資金をインターネット環境によるEdy利用の促進やサービス充実、さらに加盟店の開拓や端末機器の開発強化などに充てる考え。インテルにとっては、インターネットの利用者増によるパソコン需要の掘り起こしが狙いとなる。

 インテルの吉田共同社長は、「当社のプラットフォームとEdyを組み合わせることで便利で簡単な決済手段が利用できるようになる」としており、パソコン需要の増加に期待している。ビットワレットの川合社長は、「実店舗とオンラインショップでの相互利用が充実することでデジタルライフの実現を加速させる」と話した。

 また、インテルキャピタルアジアのバルン・カパー・太平洋地域統括ディレクターは会見で、「非接触型の電子マネーサービスは、パソコンや携帯電話の利便性を革新する日本発の利用形態。今回の投資で、新しいサービスなどの開発や普及の促進を図っていきたい」と述べた。