NECディスプレイソリューションズ(NECディスプレイ、松田博利社長)は、20.1型WSXGA+ワイド液晶ディスプレイ「MultiSync LCD2070WNX」を4月20日に発売する。価格は8万6100円。

 1680×1050画素のWSXGA+ワイド表示液晶パネルを採用し、広い作業領域を確保したのが特徴。DVDなどのワイドフォーマットも効果的に表示できる。「テキスト」「ムービー」「ゲーム」など、5つの映像に最も適した画質をボタン1つで選択できる「DV MODE」も搭載した。

 輝度は300cd/平方メートル、コントラスト比は500:1、応答速度は10ms、視野角は左右160度/上下145度。ディスプレイの高さは上下110mmの範囲で調節が可能で、入力端子はDVI?D、ミニD?SUB15ピンを備える。アップストリームポート×1、ダウンストリームポート×4のUSBハブ機能を標準で装備する。

 本体サイズは、幅471.4×高さ371.3-481.3×奥行き220mm、重さは8.5kg。本体カラーはシルバーとブラックを用意した。月1000台の販売を目指す。