ソースネクスト(松田憲幸社長)は4月12日、全国の大学構内でのパソコンソフト販売を本格的に開始すると発表した。生協や売店といった構内の売り場に専用棚などを設置、取り扱い校をほぼ5倍に増やしていく。

 ソースネクスト(松田憲幸社長)は4月12日、全国の大学構内でのパソコンソフト販売を本格的に開始すると発表した。生協や売店といった構内の売り場に専用棚などを設置、取り扱い校をほぼ5倍に増やしていく。

 自分用のパソコンを持つ大学生が増えているなかで、同社のソフトでパソコンをさらに活用してもらうと企画。製品のほとんどが1980円の「Qualityイチキュッパ」シリーズを展開し、気軽に購入してもらうのが狙い。

 4月現在では明治大学や日本大学、北海道大学をはじめ全国の大学22校で展開しており、「ウイルスセキュリティ」「超五感プレゼン ?スタースイート 8 Impress?」「いきなりPDF to Data」といったソフトと各種辞書ソフトが売ているという。

 今後同社では、東京大学や早稲田大学、慶應大学などで取り扱いを開始し、5月末までに100校に拡大させる方針。