ウィルコム(八剱洋一郎社長)は、1995年の開業以来10年が経過したのを記念して、10年以上継続して利用しているユーザーを対象に記念品を贈る。1995年7月から1996年3月までに加入し、06年3月現在も利用している個人契約のユーザー約2万5000人が対象となる。

 ウィルコム(八剱洋一郎社長)は、1995年の開業以来10年が経過したのを記念して、10年以上継続して利用しているユーザーを対象に記念品を贈る。1995年7月から1996年3月までに加入し、06年3月現在も利用している個人契約のユーザー約2万5000人が対象となる。

 贈られるのは「10周年記念オリジナルストラップ」で、10年にちなんで10個の星マークをあしらった本革製。カラーバリエーションはブラック、ブラウン、グリーン。

 プレゼント企画について同社では「開業10周年を記念して、開業以来ご利用いただいている10年目のお客さまに感謝の気持ちを込めてお贈りします。八剱社長の発案です」(広報)と説明。対象者には既に同社から案内が送られており、同封の返信ハガキに好みの色を記入して返送する。発送は6月中旬から。

 同社がPHSサービスを開始したのは1995年7月1日。ウィルコムの前身となるディーディーアイ東京ポケット電話とディーディーアイ北海道ポケット電話が東京と札幌で先行してサービスイン。10月には全国の各地域会社でサービスを開始した。00年にはディーディーアイ東京ポケット電話を存続会社として各地域会社を統合。04年にカーライルグループが買収し、05年に現在の社名ウィルコムとなった。