アットネットホーム(深町俊幸社長)は、CATVインターネット加入者に向けたコンテンツ「@NetHome」ポータルサイトにおいて、通信対戦ゲームコミュニティ「ゲームタウン」の配信を開始した。利用料は無料。

 「ゲームタウン」では、自分専用のアバターをはじめとしたコミュニティ機能と、7タイトルのゲームを利用できる。

 インターネットブラウザ上でFlash(フラッシュ)を使って行う通信対戦テーブルゲームは、「麻雀」「囲碁」「将棋」「リバーシ」「大富豪」「花札(こいこい)」「メモリー(神経衰弱)」の7タイトル。フラッシュを利用しているので、実行ファイルのPCへのインストールは不要。「麻雀」「大富豪」は1人でのプレイが可能。ゲームごとにランキングやレーティングも表示する。

 アバターをはじめとしたコミュニケーション機能では、多数の顔や髪型、ファッションの中から自分の好きなものを組み合わせ、自分の分身としてコミュニティに表示できる。ほかにもゲームロビーやゲーム中のチャット機能、ミニメッセージ、フレンドリストが利用できるようにした。