シャープ(町田勝彦社長)は、文字や画像を鮮やかに表示する15型液晶と高速無線LAN機能を搭載したノートPC「メビウス PC-AE50M」を4月14日に発売する。価格はオープン。実勢価格は15万円前後

 XGA対応のピュアクリーン液晶を採用し、内蔵のDVD-ROM/CD?R/RWドライブでDVDソフトを楽しめる。CPUは低電力モバイルAMD Sempron プロセッサ 3000+、HDDは60GB、メモリが512MB、OSはWindows XP。

 無線LANは最大毎秒54メガビットの高速通信が可能で、ワイヤレスでほかのPCとデータ共有する「無線deおしゃべり」やネットワーク設定を自動切り替えする「おまかせインターネット」機能も装備した。このほかシャープ製の携帯オーディオに音楽CDデータを取り込める「音楽CDデータ転送ソフト」、インターネットフィルタリングソフト「i-フィルター」、ファイルの暗号化ソフト「メビウスプライバシーBOX」なども備えた。