TDK(澤部肇社長)は、次世代大容量光ディスクのブルーレイディスク「BD-R」(追記型)、「BD-RE」(書き換え型)を発売する。ともに2倍速記録に対応し、1層の25GBタイプは4月19日に、2層の50GBタイプは対応機器の市場導入に合わせてそれぞれ発売する。

 これまでブルーレイディスクはカートリッジに入れて使用されてきたが、カートリッジなしでも使用できるのが特徴。独自開発の新世代ハードコーティング技術「DURABIS 2」などにより、記録面がキズや指紋などのヨゴレに強く、ナノレベルの平滑性を実現したことで、ケースなしても安定して記録と再生ができる。

 「BD-R」の記録膜には、光の影響を受けにくく保存性に優れた無機材料を採用。CD-RやDVD-Rに一般的に使用されている有機材料とは異なる素材を使っている。また、「BD-RE」には新開発の高感度相変化材料を採用。1万回におよぶ繰り返し記録にも低いエラーレートで安定した特性を実現する。

 価格はオープン。実勢価格は、2倍速追記型「BD?R」で25GBの1層「BBDD?R25S」が2000円前後、同50GBの2層「BDD?R50S」が4800円前後。また、2倍速書き換え型「BD?RE」で25GBの1層「BDD?RE25S」が2600円前後、同50GBの2層「BDD?RE50S」が6200円前後の見込み。