バンダイ(上野和典社長)とユニクロ(柳井正社長)は4月12日、両社の共同企画商品、「たまごっちTシャツ+ちびたまごっち」を5月3日に発売すると発表した。価格は1990円。全国のユニクロ店舗と同インターネット店・モバイル店で販売する。

 たまごっちのキャラクターをデザインしたキッズ向け半袖Tシャツ1着と「ちびたまごっち」をセットにした。たまごっちのキャラクター「まめっち」をあしらったTシャツはキッズ向けで、サイズが110cm?150cmの5サイズ。一方「ちびたまごっち」はTシャツに合わせてデザインされたユニクロのオリジナルデザインモデルを採用した。

 「ちびたまごっち」は05年4月にバンダイが発売した、初代「たまごっち」の小型版。高さ4センチと3分の2サイズで「お世話」の種類を(1)ごはん・おやつをあげる、(2)トイレのお世話、(3)病気の治療、(4)電気を消す、の4種類に簡素化した。

 両社は05年4月からドラえもんのキッズTシャツなどでコラボレート商品を販売してきたが、今回はその第4弾。ユニクロでは「たまごっちはお子さんに人気のあるキャラクターなので商品化を決めた。ユニクロでこうした電子ゲームを扱うのは今回が初だと思う。今後も人気のあるキャラクターを取り入れたコラボ商品を企画していきたい」(広報)としている。なお店頭での販売形態については「売り場でTシャツを選んでいただき、レジでお支払いの際にちびたまごっちをお渡しする」(同)という形になる予定。