レノボ・ジャパン(向井宏之社長)は4月12日、B5サイズのタブレットPC「ThinkPad X41 Tablet」の上位モデル、「1866-CZJ」を4月13日に発売すると発表した。HDD容量やワイヤレス機能などを強化したもので、ダイレクト価格は26万1450円。

 機能強化では、新たに「Microsoft Office OneNote 2003」をプリインストール。手書きのメモやテキスト、写真、Web情報などを、簡単に効率よく整理できるようにした。またHDDも60GBと大容量化。「IEEE802.11a/b/g」と「Bluetooth」を新たに搭載しさらにワイヤレス機能も充実させた。

 このほか、ハードディスク保護機能、パフォーマンスと消費電力の調整が可能な「省電力マネージャー」、簡単な操作で復旧ができる「Rescue and Recovery」などの機能も搭載した。

 「ThinkPad X41 Tablet」は付属の専用デジタイザー・ペンによる入力機能を持ったタブレットPC。12.1V型液晶モニタは180度回転できるコンバーチブル型で、ノートPCとしても、タブレットPCとしても活用できるのが特徴。